審美歯科へ

みなさんは、いままさにホームホワイトニングか、オフィスホワイトニングかを迷っている時ではないでしょうか。実際には、ホワイトニングには、二つの種類があります。もちろん、両方とも、理想の白い歯にすることが出来る方法です。

でもその違いが判らないという人たちもまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。そもそもオフィスホワイトニングとは、ズバリ専門の歯科医院で受けるホワイトニングのことです。みなさんが、一番確実に、安心してホワイトニングをしたいというのなら、間違いなく選択はこちらの方です。

みなさんが専門の歯科医院へ行けば、歯の表面に漂白効果のあるホワイトニング剤を塗って、ライト・レーザーによって光を照射し歯を白くして行きます。そのときかなり効果が期待出来る、「過酸化水素」を使用しておこなわれます。

ホワイトニング効果を持つと言われる「過酸化水素」に、熱を加えて活性化させることで、酸素と水に分解することが出来、分解時に発生する活性酸素が、歯の着色の原因のもとの有機着色物を分解して行きます。更に、ホワイトニングの効果で、歯のエナメル質の表層が球状に変わり、その影響で光が乱反射し、曇りガラスのように見える「マスキング効果」が期待でき、それによって歯を白く見せることが出来ます。

しかし、実際に、過酸化物を扱うことが出来るのは、医師のみとされていますので、だから、みなさんが効果的にホワイトニングをしようと思えば、わざわざ審美歯科へ行く必要があります。